新着情報

2020.11.26

こども応援基金のお知らせ

  厚生労働省が公表した2019年国民生活基礎調査によると、こどもの貧困率は13.9%。 その中でもひとり親家庭の貧困率は48.1%となっています。 ひとり親家庭のこどもの中には、親が生活を維持するために精一杯なことから、食事の量や 質、学習環境の課題を抱えたり、おもちゃや外出など日常の楽しい体験が不足しがちであった り、自己肯定感の低さや将来に希望がもてないこどもの割合も高いといわれています。  非正規雇用で働くお母さんには、コロナ不況も追い打ちをかけています。    そこで、くるみでは、ひとり親家庭の支援、そして困っているこどもを応援するため「コメ とスイーツ応援基金」の名前を改め「くるみの森 こども応援基金」として以下の活動を継続 いたします。今後ともご理解ご支援をよろしくお願い申し上げます。 ※活動内容と収支報告は年2回(3月、9月)くるみの森HPで報告させていただきます。 

 1 ひとり親家庭への食材支援 
 2 くるみが協力している県内のこども支援団体への応援 (ひとり親支援、虐待児支援、不登校児支援の NPO 団体等) 
 
                                                           社会福祉法人くるみ  理事長 岡本 久子


★こども応援基金についてはこちら★ 

ページトップへ